2019年4月27日(土)

MSの検索サービス、中国で一時利用できず

2019/1/24 17:40 (2019/1/25 0:34更新)
保存
共有
印刷
その他

【上海=松田直樹、シリコンバレー=中西豊紀】米マイクロソフト(MS)の検索サービス「Bing(ビング)」が中国で一時利用できなくなったことが24日、分かった。中国メディアなどによると、ビングの中国国内向けのサイトが23日から利用できなくなっていた。MSは「中国でビングにアクセスできないことを確認している。次のステップを講じるべきか調べている」との声明を出した。

中国で一部の検索サイトが利用できなくなっている=ロイター

利用ができなくなっているのはビングの中国国内向けの検索サイトで、外国人が主に使う国際版はアクセスが可能だ。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は通信障害ではなく、中国政府がとったネットの遮断措置によるものと報じている。

仮に当局が遮断措置をとったのであれば、中国籍以外の大手企業が締め出されるのは、10年に同国からの撤退を余儀なくされたグーグル以来だ。グーグルは06年から中国で自主検閲を施した検索サービスを提供してきたが、人権活動家のメールを狙うなどした中国発のサイバー攻撃を理由に撤退した。

ただ、MSの一部検索サイトが今回利用できなくなったのはシステムの不具合によるものだという報道もある。一部の中国メディアは、中国のネット検索最大手の百度(バイドゥ)が展開する検索サイトの一部機能に不満を持つユーザーがビングに乗り換える例が急増し、サーバーがダウンしたと報じた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報