海の生分解プラ、国際規格作りは欧州主導 日本は出遅れ

2019/1/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

流出したプラスチックごみが海洋を汚染する環境問題が深刻化する中、注目を集めるのが微生物などが分解する「生分解性プラスチック」だ。応用の広がりをにらみ化学メーカーなどが生産を拡大する一方、海での分解性能を厳密に評価する基準の整備は追いついていない。国際規格の発行に向けて準備を進めている国際標準化機構(ISO)の作業部会で座長を務める産業技術総合研究所の国岡正雄審議役に聞いた。

――生分解性プラとは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]