/

実習生に計画外作業か 三重の豊田合成子会社

トヨタ自動車グループの部品メーカー豊田合成(愛知県清須市)の子会社、日乃出ゴム工業(三重県四日市市)が中国人技能実習生に対し、実習計画と異なる作業ばかりさせていた疑いがあることが24日、分かった。

外国人技能実習機構は技能実習適正化法に基づき、17日に日乃出ゴム工業を実地検査。豊田合成は「機構から法令上の問題の指摘があれば誠実に対応したい」としている。

豊田合成によると、日乃出ゴム工業は100%出資子会社。「金属塗装」と「金型仕上げ」の2種の技能を学ぶ目的の実習生計22人を受け入れているが、ゴム部品の組み付けなど計画にない作業が大部分だと機構から指摘されたという。

豊田合成の広報担当は「計画外の作業もさせることは制度上可能だが、その割合が高かったと認識している」と話した。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン