/

ゴーン被告、ルノー会長兼CEOを辞任 仏経財相

【ダボス(スイス東部)=白石透冴、パリ=深尾幸生】フランスのルメール経済・財務相は24日、カルロス・ゴーン被告が仏ルノーの会長と最高経営責任者(CEO)の役職を23日に辞任したことを明らかにした。同社は24日午前(日本時間同日夕)に始まる取締役会で新CEOと新会長を決める見通しだ。

カルロス・ゴーン元日産自動車会長

ルメール氏は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に訪れており、米ブルームバーグ通信の取材に対して明らかにした。ルメール氏は「新しい経営体制をつくる時だ。最も重要なのはルノーと(日産自動車三菱自動車との)自動車連合の未来へ準備を進めることだ」と語った。

一方、仏政府のグリボー報道官(閣僚級)は24日、仏ラジオでルノーが同日の取締役会でゴーン会長兼CEOの後任として、仏タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOと、ティエリー・ボロレ副CEOを選ぶ人事を決議することを明言した。

グリボー報道官は「ルノーを安定させて、ルノーと日産の連合を強固かつ永続的なものにしていくことが一番の目的だ。それがフランスの雇用を安定させる」と述べた。スナール氏がルノーの会長、ボロレ氏がCEOにそれぞれ就く見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン