/

この記事は会員限定です

引っ越しのアップル、需要を日次予測 AIを活用

[有料会員限定]

引っ越しサービスのアップル(東京・中央)は1日単位で需要を予測する人工知能(AI)を導入した。景気やエリアごとの事情、前月までの受注実績などをもとに予測し、1カ月前に作業員や車両の配置を決める。需要予測の精度を高めて、効率よくアルバイトを採用したり、社員に休みをとらせたりする狙い。

AI開発のSIGNATE(シグネイト、東京・千代田)と協力して開発した。過去の料金水準と受注数の関連性なども予測の材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン