トキ「野生絶滅」見直し 環境省

2019/1/24 15:18 (2019/1/24 18:03更新)
保存
共有
印刷
その他

環境省は24日、絶滅危惧種などを分類するレッドリストで「野生絶滅」とされてきた特別天然記念物トキについて、人工繁殖で野生復帰が進んだとして、絶滅の危険性が1ランク低い「絶滅危惧1A類」に指定を変更した。野生絶滅を絶滅危惧に見直すのは異例で、今後も順調に数が増えればさらにランクを下げるとしている。

田んぼで羽を休めるトキ(新潟県佐渡市)=共同

環境省によると、かつて日本各地に生息していたトキは明治時代、羽毛目的の乱獲で激減。1981年に野生の5羽全てが捕獲され、98年、本来の生息地で絶滅し、飼育下などで種が存続している場合に該当する野生絶滅に指定された。

その後、日本産は2003年に絶滅したが、中国産による人工繁殖と放鳥の取り組みが成功。野生のペアからひなが誕生するなどし、今年1月時点では、新潟県佐渡市などで約350羽が生息しているとみられる。

環境省はこうした状況を精査し、野生の成熟個体数の目安が1~49という絶滅危惧1A類に該当すると判断。21年ぶりの指定見直しを決めた。

レッドリストは「絶滅」「野生絶滅」「絶滅危惧(1類、2類)」「準絶滅危惧」のカテゴリーがある。1類は絶滅の危険性の高さでA、B類に分かれ、トキが新たに指定されたIA類は「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い」とされる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]