「ゼロ」「家族」で今年も過熱、キャリアの学割競争
ITジャーナリスト 石川 温

モバイルの達人
2019/1/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

受験シーズンが一段落すると、携帯電話業界の学生ユーザー争奪戦が過熱する。進級進学の直前となる2、3月は、年間で最も新規契約者を獲得できる時期とされている。いわゆる「春商戦」である。2019年も昨年12月から各社が始めた「学割キャンペーン」の広告が大量に投下されている。

今年も学割キャンペーンは「ゼロ」と「家族」がキーワードだ。進級進学する子どものスマートフォン(スマホ)デビューに向けて、「基本料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]