/

この記事は会員限定です

米欧の巨人の背中遠く 法律事務所、国際化に課題

法争力を問う

[有料会員限定]

日本の法律事務所が、国際的な企業法務サービスで存在感を発揮しきれずにいる。米欧の巨大事務所に規模や国際ネットワークで水をあけられ、大型化する日本企業の再編案件でも米欧勢に主導権を握られるケースが多い。生き残りをかけた国際化は日本の産業界だけでなく、それを支える法曹関係者にとっても課題となっている。

2018年12月17日、米法律事務所、ベーカー&マッケンジーの英ロンドンオフィス。テムズ川を望む一室...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン