/

業務停止中の賃金、アディーレに支払い命令 東京地裁判決

弁護士法人「アディーレ法律事務所」で勤務していた弁護士が、同法人が業務停止処分を受けたことで自宅待機していた期間の未払い賃金約54万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が24日までに、東京地裁であった。西村康一郎裁判長は請求を棄却した一審・東京簡裁判決を変更し、同法人の過失を認めて約54万円の支払いを命じた。判決は23日付。

判決によると、同法人は事実と異なる広告を繰り返したとして、2017年10月に東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた。同法人は処分により業務がなくなったとして、原告の弁護士に約1カ月間の自宅待機命令を出した。

弁護士はその間の休業手当相当額のみ支払いを受けたが、働けなくなった原因は同法人にあるとして、未払い賃金の一部の支払いを求めていた。

西村裁判長は判決で、同法人は広告の違法性を認識し、重い懲戒処分を受ける恐れがあることを予見可能だったと指摘。あえて広告掲載行為に及んだことで弁護士が働けなくなる事態を招いたとして、同法人の過失を認めた。

同法人は「控訴審の判断内容は現時点で確認できていないが、上告受理申し立てを行う予定だ」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン