2019年6月25日(火)

駐中カナダ大使、ファーウェイ幹部を擁護

2019/1/24 8:20
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】2018年12月に逮捕された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を巡り、カナダのジョン・マッカラム駐中国大使は米国への身柄引き渡しについて「(孟氏には)反対する強い論拠がある」と述べた。カナダのメディアが報じた。政府高官が進行中の法的な手続きにコメントするのは異例で、国内の保守派議員などから批判が出ている。

カナダのジョン・マッカラム駐中国大使は孟氏は身柄引き渡しに反対する「強い論拠がある」と述べた(2016年5月、ジュネーブ)=ロイター

現地メディアによるとマッカラム大使は22日、カナダで中国語メディアとの会合に出席した。同大使は孟氏の逮捕容疑であるイラン制裁違反に関して「カナダは(米国が求める)イラン制裁措置に署名していない」と指摘。同氏の引き渡しは「良好な結果に結び付かない可能性がある」とも語った。孟氏の処遇を決定するのはカナダの司法当局であり、政府の関与は「ゼロ」だと強調した。

孟氏の米への引き渡しは回避可能と示唆したとも受け取れる一連の発言に対し、カナダ国内からは反発が起きている。野党・保守党のアンドリュー・シーア党首は「マッカラム氏は外交官であり個人的な意見を言える立場ではない。私が首相だったら同氏はクビにする」と非難した。

米司法省は「犯罪人引き渡し条約」に基づき、カナダ当局に対して孟氏の身柄の引き渡しを正式要請する方針だ。要請期限は1月30日で、カナダ当局はその後1カ月以内に身柄引き渡しの是非を判断する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報