米下院議長、一般教書演説を拒否 大統領は代替案検討

2019/1/24 6:48
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米民主党のペロシ下院議長は23日、トランプ大統領に宛てた書簡で、29日に予定されていた下院本会議場での一般教書演説を拒否する方針を伝えた。連邦政府の閉鎖が解除されるまで演説は延期すべきだと改めて主張した。これを受けて、トランプ氏は何らかの代替案を検討する考えを明らかにした。

一般教書演説の拒否を表明した後、記者団の質問に答えるペロシ米下院議長=AP

米メディアによると、選挙集会式のイベントや、上院本会議場や大統領執務室での演説、メキシコとの国境への訪問といった案が検討されているという。

一般教書演説では大統領が連邦議会に今後1年間の内政・外交全般にわたる施政方針を表明する。上下両院が演説の実施を認める決議案を可決する必要がある。トランプ氏はペロシ氏への書簡で演説を予定通り実施する意向を示していたが、ペロシ氏は政府閉鎖が解除されるまで決議を採決しないと通告した。

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、一般教書演説の中止は「我々が愛する素晴らしい国への大きな汚点だ」と述べ、ペロシ氏の対応を批判した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]