/

この記事は会員限定です

大阪都構想、行き詰まる議論 案作成へ松井氏「厳しい」

[有料会員限定]

大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」の議論が行き詰まっている。3月中に制度設計を終えたい大阪維新の会に対し、公明党は議論の継続を主張。制度案をつくる23日の法定協議会(法定協)は維新の強行姿勢に各会派が反発し、物別れに終わった。維新代表の松井一郎知事と吉村洋文市長が出直しダブル選に打って出る可能性が一段と高まっている。

「本日は散会する動議を提出します」。大阪市役所で開かれた23日の法定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン