2019年8月25日(日)

元中国外務省職員の豪州国籍男性、中国で拘束

2019/1/23 21:41 (2019/1/24 0:51更新)
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアの外務貿易省は23日、中国当局から豪州国籍を持つ男性を拘束したとの連絡を受けたと発表した。豪メディアによると男性は19日にニューヨークから中国・広州の空港に到着した後、連絡が取れなくなっていた。豪政府が詳細の確認を急いでいる。

中国で拘束された楊恒均氏(14年)=ロイター

拘束されたのは楊恒均氏。中国の外務省で勤務した後、豪国籍を取得したとされる。中国外務省の華春瑩副報道局長は23日午後の記者会見で「現時点で状況を把握していない」と述べていた。豪外務貿易省は当初「情報を収集中」としていたが同日深夜、「中国当局から北京の豪大使館に、楊氏を拘束したと連絡があった」と発表した。

中国は2018年12月、カナダ人2人を「国家安全を害した容疑」で拘束した。カナダが米国の要請に基づいて中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したことへの報復措置との見方が出ている。

一方、豪州は中国の内政干渉を警戒したターンブル前政権下で17年後半から中国との関係が急速に冷え込んだ。18年8月には次世代高速通信規格「5G」へのファーウェイの参入を禁止することを決めている。ただ同月就任したモリソン首相は中国との関係改善を模索しており、この数カ月は豪中間に目立った緊張はなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。