AIはホテルを救う? はこだて未来大が活用研究

2019/1/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道南部のホテル業界が人工知能(AI)研究が盛んな公立はこだて未来大学(北海道函館市)と共同研究に乗り出している。AIの活用で業務の効率化や顧客の再訪促進を狙う。少ないデータを活用して成果を生むといった最先端の研究テーマも含まれ、一部のホテルでは近くシステムの実証実験を始める。

函館湯の川温泉にある温泉ホテル「湯の川プリンスホテル渚(なぎさ)亭」。2018年9月、レストランで働く従業員10人が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]