画像のガゾウ最優秀賞、第四銀・北越銀の創業アワード

2019/1/23 22:30
保存
共有
印刷
その他

第四銀行と北越銀行は23日、創業・起業の事業プランを競う「にいがた創業アワード2018」の表彰式を新潟市で開いた。56件の申請から、ビールの醸造・販売会社や伝統織物を活用した、もんぺの生産会社など4社を優秀賞に選んだ。このうち、画像処理機器・システム開発のガゾウ(新潟市)が最優秀賞を受賞した。

同社は主に病気の診断向けに眼球の動きをカメラで追跡する技術を生かしたシステムを開発している。軽量化や低価格化により、患者の目まいの原因を簡便に推定できるようにする取り組みなどが評価された。賞金のほか商談会の参加支援などの特典がある。

その他の優秀賞の3社はTAROファームケアクリニック(三条市)、沼垂ビール(新潟市)、リネア(上越市)。開催は3回目。第四銀が実施していたが、18年10月の北越銀との経営統合を受けて初めて共催した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]