三菱アルミに罰金求刑 データ改ざん、2月判決

2019/1/23 18:26
保存
共有
印刷
その他

三菱マテリアルグループの製品データ改ざん事件で、不正競争防止法違反(虚偽表示)の罪に問われた法人としての三菱アルミニウム(東京)の公判が23日、東京簡裁(小林裕行裁判官)で開かれた。検察側が罰金3千万円を求刑し結審した。判決は2月6日。

論告で検察側は、製品が顧客の仕様を満たさないことが発覚すれば、取引を打ち切られる恐れがあったと指摘。「不正な手段によって取引を維持し、得ら…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]