/

この記事は会員限定です

十六銀の村瀬頭取「証券新会社、顧客の選択肢広がる」

(2019年展望)

(更新) [有料会員限定]

十六銀行グループにとって2019年最大のプロジェクトは、東海東京フィナンシャル・ホールディングスとの共同出資で設立する証券会社の稼働だ。6月をめどに開業したい。預金、投資信託、保険に加え(顧客の資金を一任で運用する)ファンドラップなども取り扱うことで、岐阜県内の顧客に提案できる商品の幅が広がる」

「新会社は100人ほどの体制で発足する。東海東京から引き継ぐ顧客資産もあるので、開業費用を除くと初年度から黒字にできるだろう。証券業務を新たな収益源...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン