十六銀の村瀬頭取「証券新会社、顧客の選択肢広がる」
(2019年展望)

2019/1/24 20:20 (2019/1/25 17:30更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「十六銀行グループにとって2019年最大のプロジェクトは、東海東京フィナンシャル・ホールディングスとの共同出資で設立する証券会社の稼働だ。6月をめどに開業したい。預金、投資信託、保険に加え(顧客の資金を一任で運用する)ファンドラップなども取り扱うことで、岐阜県内の顧客に提案できる商品の幅が広がる」

「新会社は100人ほどの体制で発足する。東海東京から引き継ぐ顧客資産もあるので、開業費用を除くと初…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]