後発薬でカルテル疑い、過当競争に薬価下げ 再編必至

2019/1/23 16:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

後発薬の販売を巡る価格カルテルの疑いで、公正取引委員会が日本ケミファなど後発薬メーカー2社に立ち入り検査した。医療費負担を抑えたい政府は新薬に比べて安価な後発薬の普及を促しているが、カルテルが事実ならこれに逆行する。後発薬市場の競争が激化する中、中小各社の経営が厳しくなっていることが背景にありそうだ。

立ち入り検査を受けたのは日本ケミファとコーア商事ホールディングス傘下のコーアイセイ(山形市)の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]