/

この記事は会員限定です

後発薬でカルテル疑い、過当競争に薬価下げ 再編必至

[有料会員限定]

後発薬の販売を巡る価格カルテルの疑いで、公正取引委員会が日本ケミファなど後発薬メーカー2社に立ち入り検査した。医療費負担を抑えたい政府は新薬に比べて安価な後発薬の普及を促しているが、カルテルが事実ならこれに逆行する。後発薬市場の競争が激化する中、中小各社の経営が厳しくなっていることが背景にありそうだ。

立ち入り検査を受けたのは日本ケミファとコーア商事ホールディングス傘下のコーアイセイ(山形市)の2社。両社が販売を検討していた腎臓病患者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン