/

この記事は会員限定です

マハティール氏が戦うリー・クアンユー氏の幻影

アジア・エディター 高橋徹

[有料会員限定]

マレー半島南端に降って湧いた領有権争いはひとまず水入りとなった。

1月8日、マレーシアとシンガポールは緊急の外相会談を開いた。領海・領空問題で対立する主張を棚上げし、妥協点を探ることで合意した。

発端は昨年10月にさかのぼる。マレーシアが港の境界線を拡張すると突如表明。同国の船舶が自国領海内に繰り返し侵入しているとシンガポールは反発し「主権を守るため、断固たる措置もいとわない」と警告した。

海の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン