マイクロアド、新しい広告配信と運用の仕組み AI導入

2019/1/23 14:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット広告のマイクロアド(東京・渋谷)は、人工知能(AI)を使った新しい広告配信と運用の仕組みを開発した。データを複雑に組み合わせて配信に役立てる。機械学習により、どの広告枠に出せば効果が高かったかを判断し予算配分もできる。これまで人手で行っていた作業をAIに任せ、広告施策の策定など、より高度な仕事に人員を配置する。

「UNIVERSE Ads」を開発し、2月下旬から試験的に提供する。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]