/

吉野家が120周年キャンペーン 24日に具を1.2倍に

吉野家は開業120周年を記念したキャンペーンを実施する。第1弾として「牛肉の日」の1月24日に、牛丼並盛(380円)の具である「アタマ」を1.2倍にする。時間は午前10時から午後10時まで。今後も年間を通じて牛丼関連のキャンペーンも展開する。

吉野家は1899年、料亭で働いていた故・松田栄吉が創業した。東京の魚市場で働く職人向けに牛めしを提供。1968年から多店舗展開を始めた。

120周年にあわせて、アタマの大盛りなどサイズ変更やトッピングメニューを来店客に周知する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン