2019年5月22日(水)

名古屋駅地区、栄を売上高で抜く 百貨店の攻防激化
(ナゴヤの百貨店、高島屋1強時代)

2019/1/24 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋の地域1番店としてJR名古屋高島屋の「1強」という様相が強まるなか、名古屋駅地区は再開発の進展で消費の活気が周辺商業施設にも波及している。かつて商業の中心地だった栄地区は押されてきたが、ここにきて再開発計画が相次ぎ、「栄復活」の期待が高まってきた。

■「消えた丸栄」、売り上げの一部名駅に

プラス620億円とマイナス840億円――。名古屋市内の百貨店売上高について、リーマン・ショック直前の20…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報