/

この記事は会員限定です

減反復活?深まる農政の消費者無視

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

農林水産省はコメ政策の時計の針を逆戻りさせようとしているのだろうか。主食のコメの作付面積を減らす地域を対象にした補助金を、2019年中に2つ新設する。増産による米価の下落を防ぐのが狙いとみられるが、18年にコメの生産調整(減反)を廃止したことの意義を損ないかねない措置だ。

2つの補助金を新設

新設する補助金は、19年に主食のコメの面積が前年より減る都道府県が対象。うち1つは19年に限った補助金で、主食のコメの生産を減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン