/

この記事は会員限定です

豊洲市場の赤字縮小へ、都が試算見直し 市場会計50年持続

[有料会員限定]

東京都は豊洲市場(東京・江東)の収支を見直す。これまで赤字額を年間21億円としていたのを約10億円に改める。人件費や施設の管理経費を抑え、年間10億~20億円のコスト削減を進める。赤字体質を見直し、経営の安定性を高める。

東京都は23日に関係局長会議を開き、旧築地市場を市場関係者の市場利用料でまかなう特別会計から、都民の税金でまかなう一般会計へ5500億円前後で売却することを決める。併せて市場経営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン