/

千葉県の起業家大賞 鴨川・農業の苗目受賞

千葉県は22日、県内の起業支援を目的とした「ちば起業家大交流会」を幕張メッセ(千葉市)で開いた。優れたビジネスプランを表彰するコンテストにベンチャー企業5社が登場し、鴨川市で無農薬のエディブルフラワー(食用花)の生産を手がける苗目(鴨川市)が大賞を受賞した。

大賞を受賞した苗目の井上隆太郎社長

苗目は耕作放棄地や里山を有効活用した農業を実践している。消費地に近い立地を生かし、鮮度を保ったまま届けられる千葉県ならではの農業を提案し、高評価を得た。

苗目の井上隆太郎社長は「今後、事業を発展させ、千葉や鴨川のためになるよう頑張りたい」と述べた。

優秀賞には、音声認識や人工知能(AI)を使った救急医療サービスを提案したSmart119(千葉市)、スマートフォンなどのモバイルバッテリーのシェアリングサービスを提案したオーロラ(東京・荒川)の2社が選ばれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン