/

米、ファーウェイ副会長の引き渡し要請へ カナダ紙報道、中国は反発

【北京=永井央紀】カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)は21日、カナダが米国の要請に基づいて逮捕した中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)について、米政府がカナダに身柄引き渡しを正式要請する方針を固めたと報じた。正式要請の期限は1月30日だとも伝えた。

中国外務省の華春瑩副報道局長は22日の記者会見で、報道を受けて「引き渡しを正式要請しないよう米国に強く促す」と反発した。「米国の行動によって、さらなる対応を取る」と対抗措置も示唆した。米国とカナダは犯罪人引渡条約を乱用していると主張し、カナダに孟氏の釈放を求めた。

孟氏は2018年12月にカナダ当局に拘束された。その後、裁判所の許可を受けて保釈されている。中国は自国内でカナダ人2人を「国家安全を害した容疑」で拘束するなどしており、報復措置と受け止められている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン