2019年3月25日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,825億円
  • 東証2部 76,761億円
  • ジャスダック 91,662億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍14.13倍
株式益回り7.38%7.07%
配当利回り1.86% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,924.92 -702.42
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
20,740 -600

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トップに聞く[映像あり]

富士ソフト 社長 坂下 智保

3月25日(月)09:50

鈴木亮の視界亮行 米緩和強まり、円高懸念は[映像あり]

3月22日(金)14:20

[PR]

スクランブル

フォローする

「不況下の株高」の予兆 悲観の揺り戻し、16年と類似
証券部次長 川崎健

2019/1/22 19:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

果たして日本株は昨年末の急落を経て大底を入れたのか。リスクオンにはほど遠い今の相場つきからみると、多くの参加者は半信半疑。今後相次ぐとみられる企業業績の下方修正への警戒感が投資家を尻込みさせる。だが株価は景気を先読みするという。今の相場と重なる2016年を振り返ると「不況下の株高」という昔から伝わる格言が思い浮かぶ。

振り返れば日経平均株価が1010円安を演じた昨年12月25日が「陰の極」だった…

相場と投資を読み解く

22日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

ビジュアルデータ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム