2019年2月17日(日)

静岡の製麺会社を告発 1億円脱税疑い、名古屋国税局

中部
社会
2019/1/23 2:00
保存
共有
印刷
その他

役員を務める親族への給与にかかる源泉所得税約1億円を脱税したとして、名古屋国税局が製麺会社「高岡屋」(静岡市駿河区)と岡田鉦治朗社長(76)を所得税法違反の疑いで静岡地検に告発したことが22日、関係者への取材で分かった。

岡田社長は取材に「指摘された税額はすでに納付した」と話した。

関係者によると、高岡屋は2014年から16年に親族の役員約10人に総額5億4千万円の給与を支給。扶養控除等申告書を提出していないにもかかわらず、提出した場合に適用される低い税額で源泉徴収し、約1億円を脱税した疑いが持たれている。名古屋国税局が17年6月に強制調査をしていた。

信用調査会社や高岡屋によると、同社は1988年設立。コンビニエンスストア向けにラーメンやそばなどの麺類を生産している。18年8月期の売上高は53億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報