富士フイルム、インフラ向け高機能素材 AI診断

2019/1/23 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士フイルムは橋梁やトンネルといったインフラ向けの高機能素材を開発する。写真フィルムなどで培ったノウハウや技術を応用し、新たな補修剤や予防法を提案する。人工知能(AI)を使ったひび割れなどの画像診断サービスに、新メニューとして加える。老朽インフラへの対策が課題になっており、数年以内に実用化したうえで供給する。

建設事業者などを対象にして、新たな高機能材料として開発・提案する。インフラ向けはこれま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]