腸内細菌がつくる乳酸などが免疫活性化 阪大解明

2019/1/24 3:00
保存
共有
印刷
その他

大阪大学は腸内細菌が小腸にある免疫細胞「マクロファージ」を活性化し、病原体を排除する仕組みを突き止めた。乳酸菌などがつくる乳酸とピルビン酸がマクロファージの表面にある受容体に結合すると、マクロファージが樹状突起を伸ばして病原性細菌を効率よく取り込み、免疫反応が起きた。体によいといわれる乳酸菌のメカニズムの一つが新たに判明した。

マクロファージは白血球の一種で、動物に備わる基本的な「自然免疫」を担う。体内に侵入した病原体などを攻撃する。ただ小腸などで働くマクロファージが樹状突起を伸ばす仕組みは未解明だった。

梅本英司准教授、大学院生の森田直樹氏、竹田潔教授らはマウスの小腸にある物質を調べた。乳酸とピルビン酸に樹状突起を伸ばす作用があった。これらを与えたマウスではマクロファージがサルモネラ菌を効率よく取り込んだ。 成果は感染症のワクチン開発にも役立つとみている。論文は英科学誌ネイチャー(電子版)に24日掲載される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]