2019年5月21日(火)

マウスコンピューター クリエーター向けPCの動画処理、2割速く

2019/1/22 15:46
保存
共有
印刷
その他

パソコンメーカーのマウスコンピューター(東京・中央)はクリエーター向けブランド「DAIV(ダイブ)」から、動画処理速度を約2割向上したデスクトップパソコン(PC)を発売した。米インテルの最新世代CPU(中央演算処理装置)と米エヌビディアの画像処理半導体を搭載。高精細なデータを用いた4K動画編集などの作業時間の短縮につなげた。

マウスコンピューターが発売したデスクトップパソコン「DAIV DGX760H2-M2S5」

商品名は「DAIV DGX760H2-M2S5」。処理を担うコアを10個搭載したインテル製CPUを採用し、下位モデルのCPUと比べて動画処理速度を約2割高めた。

データ処理で発生する熱を冷却する「CPUクーラー」を標準搭載した。基本ソフト(OS)は米マイクロソフトのウィンドウズ10ホーム(64ビット)を採用した。価格は税別37万9800円。通販サイトや直営店で取り扱う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報