/

この記事は会員限定です

楽天「プロジェクト6」を待っていた落とし穴

ネット興亡記(7)

(更新) [有料会員限定]

生き馬の目を抜くIT業界では、いかにサービスを効率よく、早く立ち上げるかが勝負だ。ネット、旅行、金融、証券と「経済圏」を広げてきた楽天は、新規事業を5~6人という極めて少人数で始める。プロジェクトXならぬ「プロジェクト6」だ。手痛い失敗もあったが、その手法をやめることはない。

スマホ決済「半年でやれ」

2000年に楽天の三木谷浩史がぶち上げた「流通総額1兆円構想」。2011年にこれが実現すると、三木谷は続けざまに「10兆円構想...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット興亡記 第3部

時代が21世紀に移ろうとしていた頃、インターネットを武器に既存の産業界に挑んだ若き起業家たちが現れた。その先駆けがeコマース(ネット通販)だった。モノの流れを変え、我々の生活スタイルをも変えた流通革命。ネット興亡記の第3部は「eコマースの革命児」たちの物語を9回連載でお届けする。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン