2019年8月23日(金)

世界遺産再推薦を閣議了解 奄美・沖縄、20年審査へ

2019/1/22 11:17
保存
共有
印刷
その他

政府は22日、世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の国連教育科学文化機関(ユネスコ)への再推薦を閣議了解した。2月1日までに推薦書を出す。ユネスコ諮問機関が9~10月ごろ現地調査し、2020年5月ごろに事前評価を公表。これを踏まえ、同年夏に世界遺産委員会が登録の可否を審査する予定だ。

奄美・沖縄は、亜熱帯気候の広大な常緑広葉樹林にアマミノクロウサギやヤンバルクイナなど多くの固有種が生息。政府は17年に推薦したが、諮問機関から昨年、推薦区域の設定に課題があるとして登録延期を勧告され、いったん取り下げた。

再推薦では指摘に沿い、沖縄本島の米軍北部訓練場跡地の森林を新たに追加するなど推薦区域を拡張。固有種をはじめとする「生物多様性」の豊かさや外来種対策、観光客の受け入れ態勢づくりなどを強調している。

世界遺産委は毎年1回開催。今年は6~7月にアゼルバイジャンで開かれ、文化遺産候補「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)が審査を受ける。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。