/

この記事は会員限定です

フンドーキン醤油、本社工場新設 ぽん酢生産能力2倍に

[有料会員限定]

みそ・しょうゆ製造販売の九州最大手、フンドーキン醤油(大分県臼杵市、小手川強二社長)は本社工場を建て替え、主力のぽん酢商品の生産能力を2倍に引き上げる。九州外の販売体制も拡充し、国内市場の縮小に対応する。需要が伸びている海外向けでは、イスラム教の戒律に沿ったハラル対応商品を開発。投資会社と海外向けの販売子会社を設立し、アジア市場などの開拓を急ぐ。

15億円を投じて、2019年秋をめどに本社敷地内の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン