/

この記事は会員限定です

日産、市場が静観する牛歩戦術の成否

証券部 岡田達也

[有料会員限定]

日産自動車と仏ルノーの緊張が高まっている。ルノーの筆頭株主のフランス政府が日本政府関係者に両社の経営統合に意欲を示した。ただ、提携関係の先行きは不透明で、21日の日産株は前週末の終値近くでもみ合いと、市場は静観の構えだった。仏政府の意をくんだルノーが臨時株主総会の開催を求めて経営統合を提案する可能性もある。一方、日産は資本バランスを対等に戻す機会を探りつつ、時間をかける「牛歩戦術」で粘る。

日産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン