/

韓国国防省「深い遺憾」 レーダー照射問題で

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国国防省は21日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、防衛省が韓国との実務者協議を打ち切る方針を発表したことについて「深い遺憾を表明する」とのコメントを発表した。

防衛省が発表したレーダーの探知音については「我々が要求した探知の日時、方位角、電磁波の特性などが全く確認できない、実態のない機械音」と指摘。「我々がこれまで強調してきたように正確な証拠を示し、両国の専門家が参加する科学的で客観的な検証に積極的に応じるべきだ」と要求した。

同省は今回の事件の本質が「人道主義的な救護活動中の韓国艦艇に対する日本の哨戒機の低空危険飛行」だとする従来の主張を繰り返し、日本側に再発防止と謝罪を改めて求めた。一方で「韓日の安保協力強化のための努力は維持・発展させる」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン