2019年3月25日(月)

コンピューターを服用、「インプランタブル」が普及
注目IT、2020年先取り予測(下)

ネット・IT
ヘルスケア
コラム(テクノロジー)
IoT
モバイル・5G
2019/2/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

眼鏡や時計からコンタクトレンズや錠剤へ――。2020年以降、「スマートグラス」や「スマートウオッチ」といったウエアラブル機器が一段と進化し、新たな機器の普及が本格化する。「インプランタブル(埋め込み型)機器」である。

■体内に入れて使う

ウエアラブル機器は顔に付ける、手首にはめるといった具合に体の外側に装着して使う。これに対し、インプランタブル機器は人間の体内に入り込んだ形で利用するコンピューター…

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報