/

樽床衆院議員が辞職して補選出馬へ 維新も新人擁立

無所属の樽床伸二衆院議員(比例近畿)は21日、議員辞職願を衆院事務局に提出した。自民党の北川知克氏の死去に伴う衆院大阪12区補欠選挙(4月21日投開票)に出馬する。同補選を巡っては日本維新の会も同日、大阪市内で記者会見を開き新人の藤田文武氏を擁立すると発表した。

樽床氏の辞職にともない17年衆院選比例近畿ブロックの希望の党名簿で次点だった馬淵澄夫氏が繰り上げ当選する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン