2019年2月19日(火)

22日に日ロ首脳会談 首相、モスクワに到着

政治
2019/1/22 0:10
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=羽田野主】安倍晋三首相は21日、モスクワに到着した。22日にロシアのプーチン大統領と会談し、北方領土問題を協議する。出発前、首相官邸で記者団に「ロシアとの交渉は戦後70年以上残されてきた課題で決して容易なものではない」と述べ「プーチン大統領と胸襟を開いて話し合い平和条約交渉をできるだけ進展させたい」と強調した。

菅義偉官房長官は21日の記者会見で「領土問題を解決して平和条約を締結する基本方針のもとに引き続き粘り強く交渉していきたい」と語った。

首相とプーチン氏は昨年11月の会談で1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した。交渉責任者に指名した河野太郎外相とラブロフ外相の今月14日の会談で交渉が本格化してから初めての首脳会談となる。

北方領土の主権を巡る歴史認識で対立があらわになっており、首相は会談で打開策を探る。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報