2019年5月22日(水)

freeeとSmartHRがデータ連携

2019/1/21 13:30
保存
共有
印刷
その他

クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)と人事労務ソフトのSmartHR(スマートHR、同・千代田)は21日、両社のソフトを連携できるようにしたと発表した。外部のサービスに対してデータ連携の許可を与える「API」と呼ばれる技術を使い、給与計算や労務管理といった作業を効率化できる。

API連携によって従業員情報を同期できるようになった

API連携したのは「人事労務freee」と「SmartHR」。フリーのソフトは給与計算や勤怠管理に対応する一方で、スマートHRは従業員の入社時の雇用契約書など手続きの効率化が強みだ。API連携によりどちらかのソフトに従業員情報を登録すれば、もう一方のソフトに再入力せずに自動的に同期できるようになる。

業務効率化やコスト削減にフリーやスマートHRのようなクラウドサービスを使う中小企業が増えている。一方で、開発企業によって機能やサービス内容が細分化されていることが多いため、横断的に使えるような仕組みを求めるニーズが強い。両社は単体で機能を拡充するよりも、他社とのサービス連携によって導入を促す考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報