/

freeeとSmartHRがデータ連携

クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)と人事労務ソフトのSmartHR(スマートHR、同・千代田)は21日、両社のソフトを連携できるようにしたと発表した。外部のサービスに対してデータ連携の許可を与える「API」と呼ばれる技術を使い、給与計算や労務管理といった作業を効率化できる。

API連携したのは「人事労務freee」と「SmartHR」。フリーのソフトは給与計算や勤怠管理に対応する一方で、スマートHRは従業員の入社時の雇用契約書など手続きの効率化が強みだ。API連携によりどちらかのソフトに従業員情報を登録すれば、もう一方のソフトに再入力せずに自動的に同期できるようになる。

業務効率化やコスト削減にフリーやスマートHRのようなクラウドサービスを使う中小企業が増えている。一方で、開発企業によって機能やサービス内容が細分化されていることが多いため、横断的に使えるような仕組みを求めるニーズが強い。両社は単体で機能を拡充するよりも、他社とのサービス連携によって導入を促す考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません