テラドローン、600万円で測量用レーザー機器

2019/1/21 12:33
保存
共有
印刷
その他

ドローンを使った測量事業を手がけるテラドローン(東京・渋谷)はドローン測量用のレーザー機器を開発し、他社従来製品の約半額の550万~600万円(参考価格)で発売した。精度の高いレーザー機器は1000万円以上することもあり、測量事業者が購入しにくかった。導入の初期費用を抑え、ドローンを使うレーザー測量の普及につなげる。

テラドローンのレーザー測量機器「テラライダー」を搭載したドローン。外側に伸びる6本のアンテナが位置情報を受信する

精度の高いレーザー測量をするには、姿勢を制御する慣性計測装置(IMU)と測位衛星システム(GNSS)を組み合わせた高額な機器が必要だった。同社はIMUを使わない代わりに、1機に6つのGNSS受信機を載せてドローンの姿勢を制御する仕組みを早稲田大学と開発して価格を抑えた。この仕組みで特許を取得している。

商品名は「テラライダー」で、参考価格にドローンの機体は含まない。同社はドローンで測量したデータをクラウドにアップロードすると現場の地図や3次元モデルを作成するソフトを提供しており、レーザー機器と合わせた導入の増加を狙う。ソフトは別途月額10万円から利用できる。

ドローンを使う測量には写真測量とレーザー測量がある。レーザー測量では表面を木が覆うような地形でも地表の測量ができる一方、初期費用が高いことが課題で導入が進んでいなかった。

(企業報道部 山田遼太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]