/

この記事は会員限定です

最新技術活用に「自信」38% 日本企業、世界より高く

デロイトトーマツ調べ

[有料会員限定]

デロイトトーマツグループ(東京・港)の調査で、人工知能(AI)などを活用した製造現場の技術革新について、事業化や社内への取り込みといった対応に「自信がある」と答えた日本企業は38%だった。前年の調査結果(3%)から大幅に増加した。技術革新による「第4次産業革命」が進むなか、欧米やアジアを含む世界19カ国の結果(平均34%)を上回り、日本企業トップの自信の高まりが目立った。

調査はデロイトグローバル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン