/

「被害者連絡会」を設立 カネミ油症、患者13団体

西日本一帯で1968年に表面化した食品公害・カネミ油症の患者らでつくる13団体は19日、「カネミ油症被害者連絡会」を設立したと発表した。患者認定基準の見直しや支援拡充などを実現するため、国や原因企業との協議に向けて連携を強化するのが狙い。

13団体は、認定患者が多い福岡、長崎両県を中心に、関東・関西・中国四国地方に点在している。連絡会は6月までに、事務局の設置場所や役員を決める方針。

福岡市で記者会見した「カネミ油症被害者福岡地区の会」の三苫哲也代表(49)は「各団体がまとまることは大きな意義がある。つながりを強め、知恵を出し合いながら、力を一つにしていく」と述べた。

19日は、患者団体側と国、原因企業カネミ倉庫(北九州市)による非公開の3者協議も福岡市で行われた。厚生労働省によると、患者認定基準の見直しや次世代への影響などについて話し合ったが、議論は平行線をたどったという。次回協議は6月29日の予定。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン