/

レーダー照射、新証拠の電波音公開へ 防衛省

防衛省は韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り新たな証拠としてレーダー照射を受けた際に哨戒機が記録した音を公開する調整に入った。韓国側が照射の事実を否定しており、日本の主張の正当性を国際社会に訴える。近く公表する見通しだ。

哨戒機はレーダーの電波を受けた際に音声に変換して乗組員に伝える装置を備えている。捜索用のレーダーなら周期的に強弱を繰り返す音になり、火器管制レーダーは強い音が一定時間続く。防衛省は音源を公にすることで、照射を認めない韓国側の説明に根拠がないことを明確にできるとみる。

日韓両国の防衛当局は14日にレーダー照射問題を巡りシンガポールで実務者協議を開いた。日本側は哨戒機が収集した電波の情報と韓国側が持つ駆逐艦のデータの交換を求めたが韓国側は拒否した。双方の主張は平行線をたどっている。

防衛省幹部は「これ以上韓国と協議しても歩み寄る余地がない」と話す。哨戒機が記録した音を含め日本側が持つ証拠を整理して示す見込みだ。28日の通常国会召集前の事態の収拾を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン