2019年9月16日(月)

一から育てたバラ、水俣を元気に(探検!九州・沖縄)
「エコパーク水俣」指定管理者代表 前田宜重氏(肖像)

2019/1/19 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本県水俣市の県営広域公園「エコパーク水俣」のバラ園が、年間9万5000人を集める観光名所になっている。前田宜重(46)は、管理・運営を代行する指定管理者の代表。障がい者らとともに12年の間、手塩にかけてバラを育ててきた。水俣の魅力を伝え、魚や野菜と併せて楽しんでもらおうと奮闘している。

国内外の園見学「いいとこ取り」

「おこがましいかもしれませんが、バラで水俣を元気にしたい」――。埋め立て地を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。