再生法申請のシベール、資金難で悪循環 銀行の支援に限界

2019/1/18 20:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

洋菓子製造のシベールが民事再生手続きの開始を申し立てた。ラスクブームの火付け役となり、2005年にはジャスダック上場を果たしたものの、競合他社の登場や市場の変化に対応できなかった。4人の常勤取締役のうち2人がメインバンクの山形銀行出身者だったが、多額の負債で資金繰りが行き詰まった。

「こんなことになるとは」。シベールの発表の翌18日、取引先は朝から対応に追われていた。15年に就任した黒木誠司社長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]