エンタメは万国共通 大阪の娯楽施設が活況

2019/1/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

道頓堀でのミュージカルや大阪城を望むデジタルアート……多くのインバウンド(訪日外国人)でにぎわう大阪。かつては外国人向けのレジャー施設に地元客の足が向くことは少なかった。だが最近開業した大阪のインバウンド向け施設やイベントでは、地元客の姿が目立つ。

■夜の大阪城 平日は外国人、週末は日本人

「リズムに合わせて手をたたくなど、ショーに参加できるのが楽しい」。1月中旬の週末、東大阪市に住む50代女性が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]