年金抑制なお不十分 マクロ経済スライドやっと2度目

2019/1/18 23:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は18日、公的年金の支給額を抑える「マクロ経済スライド」を2019年度に発動すると発表した。少子高齢化で年々重くなる現役世代の負担を高齢者にも分かち合ってもらうために04年の年金改革で導入されたが、実際の発動はやっと2回目。「100年安心」をうたった04年の想定からは大きなずれが生じ、現役世代にしわ寄せが及んでいる。

【関連記事】[社説]年金マイナス改定を恐れるな

マクロ経済スライドは少…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]