/

規制凍結制度で3件目の認定 仮想通貨決済システム

政府は18日、一時的に規制を凍結して新技術の実証を進める「サンドボックス」制度の対象に、仮想通貨の新たな決済システムを開発したCrypto Garage(クリプトガレージ、東京・渋谷)を認定したと発表した。認定は3件目で、フィンテック関連の事業としては初めて。

認定したのは仮想通貨と現金の決済を即時に信頼性を保って行うシステム。仮想通貨の交換業者同士が手持ちの仮想通貨と現金を同時に交換できる。内閣官房によると、こうしたシステムは世界的にも珍しいという。

仮想通貨市場では現在、交換業者同士が互いの信用に基づいて仮想通貨と現金を交換している。信用の担保や取引の確実性などに課題があり、決済に時間がかかるケースもあるという。内閣官房は交換業者への不安が仮想通貨取引を慎重にさせる要因になっているとみてサンドボックス制度で認定した。決済システムが整えば市場活性化につながるとみている。

クリプトガレージはデジタルガレージと東京短資の合弁会社。開発した決済システムを活用し、交換業者3~5社が1年間かけてシステムの実効性などを実証する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン